NAISTカーシェアリング



プロジェクト概要

モビリティ社会システム実験プロジェクトは、情報技術によって人の行動を変化させることによってサステイナブルな社会を実現することを目指し、2016年2月1日に奈良先端科学技術大学院大学内に発足した研究プロジェクトです。整備されたカーシェアリングシステムを「社会」とみなし、その社会で起きる物理的な諸問題を「情報」という形のない力を用いて解決していくという研究を行います。

設備

本実験プロジェクトは2024年3月まで実施する予定です。現時点で使用できる車両は、三菱 i-MiEV 2台とBMW 1台です。奈良先端科学技術大学院大学のキャンパス内と近鉄学研登美ヶ丘駅近くの駐車場の2カ所で車の貸し出しと返却を行うことができます。大学内と駅前のどちらでも返却可能な乗り捨て可能なカーシェアリングです。


乗り捨て可能カーシェアリング

設定されたステーション間で乗り捨て利用可能なカーシェアリングです。国内では2014年3月に解禁されたものの、駐車スペースや車両の再配置の問題があり普及には至っていません。本実験では、需要を可視化し、好ましい返却行動に報酬を与えるインセンティブ設計により、ユーザ間で自律的に運用可能なシステムの実現を目指します.実験中には、メカニズム(ルール)を適宜変更・調整して好ましいインセンティブ設計をさぐっていきます。

オークション

乗り始めたい駐車場の希望する時間帯に対して希望額を入札できます。一回の使用に対して、一地点複数時間帯に入札が可能になっています。オークションサイトはこちらからアクセスできます(ただし登録者のみ使用可能)。


バーチャルキー

車の施錠・解錠には、スマートフォンアプリとして提供されているバーチャルキーを使用します。iOS・Androidともにアプリがリリースされています。